読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いけません。(仮)

ソーコさんのあれこれ。

動物戦隊ジュウオウジャーショー 五期 覚え書き

 

(舞台暗転。下段にMCのお姉さんが登場)

 

お姉さん「みんなー、こんにーちはー!」

 

\こーんにーちはー!/

 

お姉さん「あれー?こーんなにたっくさんのお友達がいるのに、なんだか声が小さくないかな?みんな、もっと大きな声でいくよ!せーのっ!」

 

\こーんにーちはー!!/

 

お姉さん「バーーッチリ!それじゃあ、その元気な声で、今度はジュウオウジャーを呼んでみよう!せーのっ!」

 

ジュウオウジャーーー!!/

 

??「ハァ〜イ、呼んだグル?」

 

(舞台中段の幕が開き、怪人とデスガリアンが登場)

 

お姉さん「デスガリアン?!」

怪人「行けっ、メーバ!」

(メーバ達が客席に降りて来る)

お姉さん「あ、あんた達なんかお呼びじゃないのよ!」

怪人「お呼びじゃないのは、お前の方グル!」

(怪人がお姉さんを突き飛ばし、お姉さんは退場)

怪人「ハーッハッハ!お前達を助けるヤツなんか、だぁぁ〜〜れも、いーなーいーグールー!!」

 

??「いや、俺がいるッ!!」

 

(中段奥の扉が開く。大和登場)

 

怪人「メーバ!」

(メーバ達が大和の元へと襲いかかる)

 

タスク「こっちにもいるぞ!」

(中段上手からターザンの要領でタスク登場。大和先生を囲むメーバを蹴散らす)

レオ「オラオラァーー!どけどけぇーー!!」

(下段下手から同じくレオ)

アム「じゃーんっ!」

(下段中段を繋ぐ階段から顔を出す)

セラ「私もいるわよ!!」

(下段下手から走りこんで来る)

 

(全員が中段に上がり、大和にスポットライト)

「「「「大和(くん)!!」」」」

(集まるメーバを回し蹴りで下段へと叩き落とす大和)

 

アム「みんな!私たちが来たからもう安心だよ!」

タスク「……こいつ、前にも見たことがあるぞ!」

怪人「説明しよう!俺様はこれまでにGロッソで戦ったプレイヤー達の細胞を集めて合体させ生まれ変わった姿、その名も、『リザイグル』!!」

セラ「つーまーり、寄せ集め、ってことね!」

(敵、こける。スパッと言い切ったセラに大和も何か言いたげにするが結局やめる)

大和「……前にも戦った相手とはいえ、油断は禁物だ!行くぞみんな!」

 

「「「「「本能覚醒!!」」」」」

 

(舞台暗転、変身完了)

 

「動物戦隊、」

 

「「「「「ジュウオウジャー!!!」」」」」

 

(ここからVSメーバの個人戦が始まる)

(そして最後にイーグルVSリザイグルが開始)

(イーグライザーで攻撃を仕掛けるイーグル。しかしリザイグルに取り込まれたプレイヤー達の能力に苦戦する)

(剣筋を紙一重で交わされたイーグルは、その直後にリザイグルの持っていた剣で腕を斬られてしまう)

イーグル「うっ……ぐぁぁぁ!?」

ザイグル「ふぅー、危なかった……。これで役目は終わった!しかし、ここでトドメを刺して……何っ?!」

(銃撃)

 

「さぁせるかぁ!!」

 

(下手からメーバ達が飛び出して来る。そしてそれを追いかけて、ガンロッドを携えた操が登場)

イーグル「みっちゃん!!」

操「大和!大丈夫か?!」

イーグル「う、うん!」

操「あ、ぁぁぁすまない!!」

(突然頭を下げる操。振りかぶった攻撃をスルーする形となり勢い余って下段に落ちるリザイグル

ザイグル「な……なんだコイツ?!」

操「お、俺……釣りに夢中になってて……それで遅れちゃって……本当にすまない……ああ、なんてダメな奴なんだ!!」

(膝を抱えたまま奈落に沈む操)

(その奈落に向かって叫び、じわじわと追い詰められながら壁に後退するイーグル

イーグル「大丈夫!!遅れたことは全然気にしてないから!!それより敵ぃー!!」

操「あ、ああそうだった!本能覚醒!」

 

(奈落から飛び出すザワールド)

ザワールド「世界の王者!ジュウオウザワールド!!──遅れた分は、戦いで返すッ!」

イーグルが下手に退避。複数のメーバを相手取り無双するザワールド)

 

(振りを悟ったリザイグルが逃亡しようとする)

ザワールド「させるかァ!!ジュウオウザガンロッド!」

(ロッドに引っ掛けられて連れ戻されるリザイグル

(現れたイーグルとザワールドのコンビネーションでリザイグルを撃破)

 

(変身解除)

 

大和「やったねみっちゃん!」

操「おうっ!」

 

(ジューマン4人も変身解除して駆け付ける)

レオ「倒したのか、あの寄せ集めヤロー」

セラ「っていうか……アンタ、いつの間に来たの?」

タスク「遅刻は厳禁だぞ!」

操「ご……ごめん」

大和「まあまあ……その分一生懸命戦ってくれたんだし、許してあげてよ」

(微笑みながらも腕を抑える大和)

アム「大和くん……その傷、どうしたの?」

大和「あ、これ?さっき斬られちゃって……でも大丈夫!

 

大した──こと──、

 

(言い切れず倒れる大和。駆け寄る5人)

 

『作戦はうまくいったようだね?』

「ジニス!!」

(上部スクリーンにジニスが登場)

『リザイグルに持たせた剣には猛毒が仕込んであってね、少し掠っただけでも効き目は十分にある』

大和「うっ……」

(倒れた大和が、見えない何かに引き摺られるようにして扉の中へと消える)

大和「うわぁぁぁ!!」

『彼は私が預ろう……』

アム「大和くんを返して!」

レオ「えっらそうに浮かんでねえで、俺達と勝負しやがれ!!」

『君達の相手は、特別なものを用意したよ』

 

(ここで、新たに4人の乱入。その姿はジューマン4人と同じ姿)

 

セラ「私達と姿が同じ?!」

『姿形だけじゃない、記憶や能力まで完全コピーしたエクストラプレイヤーさ』

操「エクストラ……プレイヤー……?!」

『さあ、ゲームスタートだ!』

 

(飛びかかる偽ジューマン。乱闘からそれぞれが押さえ込み、操が引き剥がされる)

セラ「操!アンタは大和を探して!」

操「し、しかし……!!」

アム「早く行ってぇッ!!」

(逡巡し、覚悟を決める操)

 

操「〜〜〜〜〜ッ!!すまないッ!!」

(頭を下げ、走り去る。それと同時にそれぞれの戦闘が開始する。)

 

(下段に降りたタスク対偽タスク)

タスク「……来い!」

(お互いの攻撃を捌き合うも、偽タスクが突然放屁してタスクを怯ませる)

タスク「くぅっ……さっ!!僕はそんなことしない!!」

 

(中段にアムが現れる)

アム「タスクくん!本能──」

(上段から殺気。偽アムが勢い良く飛び降りてアムへと襲いかかる)

 

(4人が乱闘で去ったのち、中段にレオと偽レオが登場)

レオ「あーーっ!!いたーーーっ!!」

(指差すレオと偽レオ)

レオ「真似すんな!!」

(仕草が同一になり、攻撃してもお互いに読み合い埒があかない)

レオ「こうなったらぁ……本能──!」

 

(偽セラが乱入、それを追ってセラもやって来る)

セラ「同じ能力じゃ、ぶつかるだけよ!」

レオ「そりゃそうだ!」

(戦う相手を交換し、戦闘続行する2人。しかし……)

 

レオ「偽者ぉぉぉぉぉぉ!!!!覚悟ぉぉぉぉぉぉ!!」

 

(大音量に耳を塞ぐセラ組。偽レオは倒れる)

(パンチを繰り出すレオ。しかし偽セラが背を向けたせいで尻に当たり悲鳴をあげる)

 

レオ「──尾ビレ痛あ!!痛ぁっ……お尻をこっちに向けるなぁ!!」

セラ「あんたが大声出すからでしょ!!」

 

(起き上がった偽レオがここぞとばかりにレオに攻め入る。それを追いかけようとするセラも、偽セラに阻まれる)

セラ「……いいわよ」

(同じ動作で睨み合う2人)

セラ「やってやろうじゃない……」

(水流をぶつけ合うも、お互いに相殺され弾き飛ばされる)

(そこに残りの仲間達と偽者が合流。壁際に追い詰められる本物)

 

レオ「どうすんだよ、このままじゃ……!」

セラ「私達と同じってのが腹立つ!」

タスク「……『僕達と同じ』?いや、みんな!聞いてくれ!」

アム「何?何かいいアイデア思い付いた?」

タスク「みんな、耳を貸してくれ」

(囁き合う4人)

セラ「……なるほど!」

アム「でも、もしその読みが違ってたら?」

レオ「そん時はそん時!」

(偽者が距離を縮めて来る)

レオ「さあ来やがれ偽者ども!本物の力、思い知らせてやる!!」

 

(中段暗転。幕が閉まる。)

 

(下段上手から操が登場)

操「あー……。探すとは言っても……一体どこを……」

(何かを見つけた操。慌てて物陰に隠れる)

操「ヤベッ」

 

(向かいからメーバ達が登場。気を失った大和を護送しているらしい)

(意を決した操が突入。メーバ6体を打ちのめし、倒れ込んだ大和のもとへと駆け寄る)

 

操「大和!!」

大和「うっ……ここは……」

操「ああ良かった、無事だったんだな!」

(階段にもたれかかりながら、操を見上げて……)

 

大和「──きみは……だれ?」

 

操「……え?」

 

操「何言ってんだよ大和」

(操が信じられずに詰め寄るも、その分大和も後退する)

大和「誰?」

操「誰って、操だよ。どうしちゃったんだよ」

 

『忘れているのさ!君のことを』

 

(中段の幕が開き、浮かんだジニスとメーバが登場)

(慌てて大和を背後に庇い、構える操)

 

操「ジニス!」

『剣の毒には記憶を消す力があってね、彼にはこれまでのことをすっかり忘れてもらったよ』

操「なんだって?!」

(慌てて大和に駆け寄る操。それでも大和は操と距離を置きたがる)

 

操「大和、本当に俺のことを忘れちゃったのか?」

大和「……」

操「俺だよ、みっちゃんだよ!」

大和「……『みっ、ちゃん』?」

(聞き慣れない単語を口にするように、反芻する大和)

操「ああ!大和が俺につけてくれたあだ名だよ!!」

大和「……『みっちゃん』……」

(今度は確かな口調で噛み締める大和。しかしそれに反応して低く唸り始め、やがて、)

「……ぅぅぅぅぅ……ぁぁぁァァああああああああッ!!!ァァァァァァァッ!!!」

『よしたまえ。無理に思い出そうとすると苦しみが増すだけだ』

操「ッッ……酷い事しやがってッ!!』

『酷い事?君がリザイグルの戦闘に巻き込まれなければ、彼は毒の剣で斬られずに済んだんだよ……?』

操「……俺の、せい?」

(ジニスが入れたスイッチにより、途端にネガティブ思考に陥らされる操)

操「俺が遅れなければ……大和は……」

 

(その隙をついて、メーバが2人を拘束する)

(遅れて、ジューマン態4人が登場)

 

『帰って来たか。無事に奴らを仕留めたようだね』

(静かに頷く4人)

『丁度いい、あと2人ほど始末してくれないか』

(命を受け、それぞれ構える4人)

(操はメーバの武器によって喉元をさらけ出し、大和はただ俯いて待つ)

 

操「……もうだめだ……!」

 

(にじみ寄り、にじみ寄り、遂にジューマンの攻撃が振り下ろされ、

 

メーバが倒れた)

『──まさか?!』

 

レオ「そのとーり!!俺達は本物だ!!」

『バカな、どうやって切り抜けた?!』

タスク「これさ!」

(王者の資格を掲げる)

タスク「奴らがしつこく本能覚醒を妨害して来たのはなぜか?それは、奴らにその力がないからだ!」

アム「つまり、本能覚醒しちゃえばこっちのもの」

レオ「偽物なんかチョロいもんだったぜぇ!」

『下等生物の割に、知恵が回る……』

(座り込む操に気が付き、セラが駆け寄る)

セラ「あーもー、何やってんの!ほら行くよ!」

(アムとレオも大和のもとへ向かう)

アム「ほら、大和くんも」

(大和が2人の顔を直視して)

 

大和「……動物が喋った?!」

(咄嗟に逃げ出す大和)

レオ「え?ああ、おい!」

タスク「待て!様子が変だ!」

操「大和にはっ!!」

(泣き出しそうな声で操が叫ぶ)

操「……俺たちの記憶がない……!!」

(どよめく4人)

(怯える大和はこちらと目を合わせようともしない)

レオ「……とりあえず!大和を連れて帰るぞ!」

(レオが大和の肩に手をかけると、それを振り切って恐慌状態の大和が逃げ出す)

(4人のジューマンに怯えて駆け回り、扉の中に逃げ込むも強引に押し切られ、絶叫する大和)

大和「来るな……来るなよ……!!」

 

大和「来るなってぇぇぇッ!!」

 

「「「「大和!」」」」

(ジューマン態から人間態へと戻る4人)

大和「顔が変わった!?」

セラ「思い出して!私達は仲間よ?!」

タスク「君が人間とジューマンの絆を、繋いでくれたんだぞ!」

アム「私達も同じ地球の生き物だって言ってくれて、すごく嬉しかったんだからっ!」

(沢山の記憶の片鱗が大和の頭を刺激し、再び苦しみに絶叫する)

(長く蹲っていた操が、仲間達の声に顔を上げる)

『記憶を消して君達の絆をボロボロに断ち切る……どうだい、最高に面白いゲームじゃないか』

操「違う!!!」

(はち切れた操が遂に飛び出し、仲間達の横に並び、吠える)

操「お前なんかに……自分のことしか考えてないお前にッ!!俺たちの絆が、分かってたまるかァァッ!!」

レオ「お前のくだらねえ遊びに、付き合ってるヒマなんざねーんだよ!」

(襲いかかるメーバ。大和を守るようにして蹴散らす5人)

レオ「……ここは本能覚醒覚醒して、一気に突破すんぞ!!」

「「「「おう!!」」」」

 

(しかしそこに電撃。一同が薙ぎ倒され、ジニスが登場)

 

ジニス「待ちたまえ。もう少しゲームを楽しんでいこうじゃないか……」

 

(再度の電撃。圧倒的な戦闘力に為すすべもない5人)

(トドメを刺すため、メーバ達が飛びかかろうとしたその時、)

 

大和「やめろぉぉぉーーーーー!!!!」

 

(倒れ込んだ仲間達を守り、大和が立ちはだかる)

 

レオ「大和?!」

タスク「記憶が……戻ったのか?!」

大和「分からない……体が勝手に!」

セラ「誰だか知らない、私たちのために……?!」

大和「だからって見捨てるわけにはいかないッ!君達も……この星に生きる仲間なんだろ!」

アム「大和くん……」

大和「俺もみんなを守りたい!そして一緒に戦いたい!この胸の奥がそう叫んでるんだ!!」

 

大和「俺の──俺の本能がぁぁぁぁぁッ!!!」

 

(舞台が眩しい光に包まれ、メーバ達が散り散りになって逃げて行く)

 

(光が収まり、倒れ込んだ大和が目を覚ます)

(周りの仲間達を見つけると、すぐさま声をかける)

 

大和「……セラ?!レオ!タスク!!アム!!みっちゃん!!」

(起き上がる5人)

アム「大和くん……記憶が戻ったの?!」

大和「記憶?」

タスク「大和の優しさが、彼の本能が……記憶を呼び覚ましたんだ」

操「大和!!」

(飛び付く勢いで大和の腕を掴む操)

操「俺が誰だか分かる?!」

大和「え?当たり前だろ!みっちゃん」

(聞き慣れたその呼び方に泣き崩れる操)

操「〜〜〜〜〜よがっだぁぁあ!!よがっだよぉぉぉぉ……!!」

(そのまま床に横になり、大和に起こされる)

 

ジニス「バカな……!」

(戻ったジニスを前にして、立ち上がる6人)

セラ「さあ……大和が元に戻ったら、やる事は1つ!!」

レオ「ああ!俺たちの絆を踏みにじった……あいつをぶっ倒す!!」

大和「……準備はいいか!!」

「「「「「おう!!」」」」」

 

(舞台に、朝陽が映し出される)

(ゆっくり、ゆっくりと踏み締めながら、朝陽に向かって歩き出す)

 

──『人間とジューマン』

 

──『異なる2つの種族が出会い、1つの小さな群れが生まれた』

 

──『この地球を守るために!!』

 

大和「みんな……行くぞ!!」

 

「「「「「「本能覚醒!!」」」」」」

 

(舞台暗転。変身)

 

「──動物戦隊」

 

「「「「「「ジュウオウジャー!!」」」」」」

 

(襲いかかるメーバ。それぞれを引き連れて、個人戦開始)

(イーグライザーでメーバを屠るイーグル

イーグル「セラっ!!」

 

シャーク「野生解放!!」

(水流でメーバ達を呑み込みながら攻撃する)

シャーク「女だからって……舐めんじゃないわよ!」

シャーク「レオ!アム!」

 

「「野生解放!!」」

(2人の軽やかなコンビネーションで撃退)

ライオン「ネコ科コンビを!」

タイガー「なめるなよぉーっ!」

ライオン「タスク!後は頼んだ!」

 

エレファント「野生解放!」

(天井から客席通路に降りてくるエレファント。メーバ達を地震で怯ませ、舞台へと追い詰める)

(舞台に橋が映し出され、上段で戦っているザワールド)

(エレファントの振動によりガンロッドを取り落す)

ザワールド「あーーーーーっ!」

エレファント「操!後は頼んだ!」

ザワールド「タスク!!お前俺の武器、」

(限界がきた橋が崩れ落ちる)

ザワールド「ウソぉぉぉぉぉぉ──?!」

 

(奈落から這い出てくる操)

操「あいててて……タスクのヤツ……」

 

(ここから毎回変わるみっちゃんオンステージ)

(詳細は『操 Gロ アドリブ』で調べてみてね)

(みっちゃん大好き)

 

操「──ってやってる場合じゃない!」

 

操「今の俺は!世界の王者、ジュウオウザワールド!!行くぞジニスッ!」

(奈落に飛び降りる操)

 

「野生解放!!」

(上段にイーグルが登場。メーバと組み合い、振り落とす)

イーグル「この星を守るため……!俺たちは負けない!!」

(中段にもメーバが登場、撃滅しようとしたイーグルだったが、突然の攻撃に落下する)

 

ジニス「フハハハハハハ……」

 

(中段に4人が登場、しかし舞い降りたジニスによって次々と打ちのめされる)

ジニス「君達には、指一本触れられないよ……?」

「野生──大解放ぉぉぉぉぉ!!」

(ザワールドの突撃)

「お前はァァッ!俺がァァァァ!!」

(しかしそれも軽くいなされ、6人まとめて倒されてしまう)

 

(MCのお姉さんが登場)

お姉さん「ジュウオウジャーが大ピンチ!みんな、大きな声で、ジュウオウジャーにパワーを届けるよ!せーのっ!」

 

\がんばれー!!/

 

お姉さん「もっともっとー!大きな声で!せーのっ!」

 

\がんばれーー!!!/

 

ジニス「無駄だよ……」

(倒れ伏しながらも、立ち上がろうとする6人)

 

お姉さん「みんな!今日一番大きな声でーッ!!せーーーのっ!!!」

 

\がんばれーーーーーー!!!/

 

(光に溢れ、立ち上がる6人)

 

ジニス「馬鹿な……!!」

 

シャーク「凄い……!!」

エレファント「ダメージがすっかり消えている!」

ライオン「まっだまだ戦えるぜ!」

タイガー「みんなのパワー、しっかり受け取ったよ!」

ザワールド「みんな!!ありがとう!!」

イーグルを除く5人でジニスを抑え込む。そして)

 

「本能覚醒!!」

 

「「「大和!!」」」

 

「──ジャングルの王者!」

(新たに本能覚醒した大和、5人が押し込んだジニスに向かって拳を振り上げる)

ゴリラ「ジュウオウゴリラァァァァァ!!!!」

 

(ジニスを吹き飛ばし、絡みつくメーバも振り払うゴリラ)

 

ジニス「この私に本気を出させるつもりか……!!」

殴り合いになる2人、そこから更に

ゴリラ「本能覚醒!!」

 

(スモークの中から現れるのは)

 

ホエール「王者の中の王者……ジュウオウホエール!!」

(名乗りから即座に発射、怯んだ所を更に追撃)

(ザワールドが登場、2人でジニスを追い詰める)

 

ジニス「……ならば、この星の力を吸い込み、私はもっとォォォ──!!!」

 

(巨大化するジニス。上段に出てきた4人が次々と打ち倒される)

 

タイガー「ダメだ!全然歯が立たないよ!」

ライオン「だったら、こっちもデッケェの呼び出すぜ!」

(ジュウオウキューブを取り出すも、反応しない)

シャーク「なんで?!」

エレファント「この星のパワーが吸い取られて、キューブのパワーが落ちてるんだ!!」

タイガー「これじゃあ、戦いようがない!」

 

『諦めるな──若き王者達よ』

 

(途端、投影されるケタスのビジョン)

 

ホエール「ケタスさん!!」

『王者の絆は、この星に生きるもの、全てを繋ぐ力──』

ホエール「この星に生きるもの全てを……そうだ!!」

(何かに気がついた面々) 

ホエール「会場のみんな!!もう一度俺たちに力を貸してくれ!!!」

ザワールド「ああ!俺たちと一緒に、『この星を、舐めるなよーっ!』て、叫んでくれ!」

ライオン「俺たちの絆、見せてやろうぜ!」

アム「みんなで一緒に!」

タスク「大きな声で!」

セラ「力一杯!」

ホエール「行くぞー!!」

 

「「「「「「この星を……」」」」」」

 

\なめるなよーーーー!!!/

 

ジニス「ぐっ……」

 

(巨大化が解けるジニス)

 

ホエール「ありがとう!!みんな、行くぞ!!」

(ホエールチェンジガンを構える6人)

 

ホエール「王者の絆を──舐めるなよぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!」

 

(全力で放たれた一撃はジニスへと命中、よろめきながら楽しそうに笑う)

 

ジニス「はは、は……」

 

ジニス「──最高に楽しい、ゲームだったよ」

 

(落下し爆散するジニス)

(一拍置いて歓喜の声を上げる6人。変身が解除される)

 

大和「会場のみんな!今日は一緒に戦ってくれてありがとう!!」

セラ「また何かあったら、力を貸してね!」

アム「みんなのこと、絶対に忘れないよ!」

レオ「また一緒に戦おうぜ!」

タスク「人間もジューマンも、同じ星で繋がってる」

操「簡単にはいかないかもしれないけど、きっとみんな仲良くなれる。俺はそう信じてる!」

 

大和「それじゃあ!人間とジューマンの絆を確かめ合ったところで、友情のダンスと行きますかぁー!!」

 

(EDダンス。幕が降りて舞台終了)